キャリアコンサルティングとは

「キャリアコンサルティング」とは、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいいます。(職業能力開発促進法)

       

ここで言う、「労働者」とは、就業中の方に加え、現在求職中の方を含みます(学卒未就職者等も対象です)。

キャリアコンサルティングが必要となった背景

バブル経済の崩壊や急激なグローバリゼーションの発展前のように、一度入った企業で、決められた配属先で仕事をし、企業内研修で能力開発を行って定年まで働くということが当たり前ではなくなりました。

また、仕事や人間関係が複雑化していることに加え、"情報"や"選択肢の多様性"が増し、これまで以上に個々人に合ったキャリア形成を支援していくことが必要となってきました。

キャリアコンサルティングの領域

キャリアコンサルティングに関わる主要な領域としては、「需給調整機関領域」、「企業領域」、「学校教育領域」があげられます。

企業の外と内に分けて、その働きを図に示すと次のイメージになります。

企業外でのキャリアコンサルティング

企業外でのキャリアコンサルティングでは、新卒の学生や離職された方、出産後に再就職を希望する主婦などの求職者に対して、コンサルティングを行い、企業などへの就職をサポートします。対個人への面談によるサポートだけでなく講演や研修での講師などグループへのサポートも行います。

企業内でのキャリアコンサルティング

企業内でのキャリアコンサルティングでは、従業員が職場で直面する問題や悩みを解決する方向へ促し、事業の効率化や従業員のモチベーション向上へと導くこと等にとどまらず、人員配置や教育研修の実施等、組織への働きかけも行います。

キャリアコンサルティングの流れ

キャリアコンサルティングの中心となる個別相談はおおむね以下のような流れで実施され、各Stepではキャリアコンサルタントが専門的な技能を用いてサポートします。

企業内での役割

参考:厚生労働省発表 平成13年5月発表 「キャリア・コンサルティング技法等に関する調査研究報告書の概要」

キャリア・コンサルティングとは
キャリア・コンサルタントとは
キャリアコンサルティングとは
キャリア・コンサルタントとは
ページの先頭へ戻る